for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

2月のユーロ圏消費者物価指数、速報値は前年比+2.4%

 3月1日、EU統計局が発表した2月のユーロ圏のEU基準消費者物価指数の速報値は、前年比2.4%上昇。フランクフルトで2009年1月撮影(2011年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

 [ブリュッセル 1日 ロイター] 欧州連合(EU)統計局が1日発表した2月のユーロ圏のEU基準消費者物価指数(CPI)速報値は、前年比2.4%上昇した。上昇率はエコノミスト予想と一致した。

 欧州中央銀行(ECB)の目標を大幅に上回り、比較的早期にECBが行動を余儀なくされる可能性があるとの見方が強まった。

 1月のCPIは前年比2.3%上昇だった。

 ECBはインフレ率を、2%を下回るがそれに近い水準に維持することを目標にしている。

 前月比の数字や、前年比の数字の内訳はないが、エコノミストは、エネルギー・食品価格の上昇がCPI加速の主な要因と指摘している。

 ロイターがまとめたエコノミスト調査では、ECBは少なくとも10月まで政策金利を据え置くと予想されている。ただ、金融市場はこれよりも早い時期の利上げを見込んでいる。 

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up