for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

福島第1原発3号機の黒煙は収まる、あらたに2号機から白煙

 3月21日、東京電力の福島第1原子力発電所3号機の屋上南東側から発生した灰色がかった煙は、午後6時過ぎに収まったとの報告があった。写真は煙発生時の様子。東電提供(2011年 ロイター)

 [東京 21日 ロイター] 東京電力9501.Tの福島第1原子力発電所3号機の屋上南東側から発生した灰色がかった煙は、午後6時過ぎに収まったとの報告があった。ただ、あらたに2号機の山側の屋根から白煙が上がっているという。

 原子力安全・保安院は会見で、午後4時前に3号機から上がった黒煙については、東電から、午後6時過ぎに収まったとの報告があったことを明らかにした。放射能レベルは安定している。

 一方、これとは別に、午後6時20分頃に2号機から白煙が上がっているとの報告があったという。以前白煙が上がった場所とは別の場所で、山側の屋根の隙間ではないかとみられている。

 東電の福島事務所は21日午後に会見し、午後3時55分に福島第1原子力発電所3号機の屋上南東側からやや灰色がかった煙が出ていると、現場から連絡があったと発表した。煙は当初より少なくなっているものの、いったん作業員を避難させ、消防に連絡をしたという。

 その後、原子力安全・保安院は会見で、午後3時50分以降の放射線のモニタリングの数値に変化はないと明らかにした。煙発生前の午後3時50分に2013マイクロシーベルトだった放射線量は、午後4時30分現在で2015マイクロシーベルトだという。

 煙が発生している原因については分かっていないとした。また、爆発音も聞いていないという。

 煙が発生した南東側の角は、使用済み燃料プールの上側にあたる。

 (ロイターニュース 清水 律子)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up