for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

2月の米中古住宅販売は前月比‐9.6%、価格は約9年ぶり低水準

 [ワシントン 21日 ロイター] 全米リアルター協会(NAR)が21日発表した2月の中古住宅販売戸数は、前月比9.6%減の年率488万戸となり、減少率は昨年7月以来の大きさとなった。住宅市場の回復の遅れを浮き彫りにする格好となった。

 ロイター調査では、前月比4.0%減の年率515万戸と予想されていた。

 前年同月比では2.8%減となった。

 1月は年率536万戸から540万戸にやや上方修正された。

 2月の中古住宅販売の内訳は、コンドミニアム/コープが前月比10%、1戸建てが9.6%それぞれ減少した。

 住宅価格中央値は前年同月比5.2%下落の15万6100ドルで、2002年4月以来の低水準に落ち込んだ。

 差し押さえ物件や、銀行が住宅ローン残高を下回る価格での売却に合意した物件などの割合は全体の39%を占め、前月の37%から上昇した。

 2月の住宅在庫は現在の販売ペースでは8.6カ月分相当で、1月の7.5カ月分から拡大した。通常は6─7カ月分が理想的とみなされ、これを上回ると住宅価格下落の兆候とみなされる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up