for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エジプト証取が約2カ月ぶりに取引再開、株価指数急落

 3月23日、エジプト証券取引所が、約2カ月ぶりに取引を再開した(2011年 ロイター/Mohamed Abd El-Ghany)

 [カイロ 23日 ロイター] 国内の政情不安で1月下旬から休場していたエジプト証券取引所が23日、取引を再開した。約2カ月ぶりの取引再開初日となったこの日、主要株価指数は8.9%、100種株価指数は8.95%急落した。

 この日の急落で主要株価指数を構成する30社の時価総額は172億6000万エジプトポンド(29億ドル)減少した。

 サーキットブレーカー制度に基づき、取引開始後30秒以内に取引は30分間停止された。取引停止が解除された後も株価は下落を続けた。

 サーキットブレーカー制度の下では100種株価指数が5%下落した場合、取引が停止される。

 EFGエルメスは、23日付のリサーチノートの中で、最初の数週間に株価は20―30%下落する可能性があるとの見方を示した。

 この日は、優良株のオラスコム・コンストラクション・インダストリーズOCIC.CA、コマーシャル・インターナショナル・バンクCOMI.CA、EFGエルメスHRHO.CA、テレコム・エジプトETEL.CAなどが10%のストップ安まで下落した。

 エジプト政府はこれまでに少なくとも5回、株式市場の取引再開を延期していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up