for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

4─6月は貿易赤字の可能性、夏場までの生産体制回復が至上命題

 [東京 20日 ロイター] 東日本大震災の影響で、日本経済のけん引役とされる輸出に大きな影響を与えていることが3月貿易統計で明らかとなった。生産停止を背景に輸出数量は前年比で減少に転じ、これまでの2ケタ増のトレンドが大きく悪化した。

 4月20日、東日本大震災の影響で、日本経済のけん引役とされる輸出に大きな影響を与えていることが3月貿易統計で明らかとなった。仙台港で16日撮影(2011年 ロイター/Toru Hanai)

 サプライチェーン(供給体制)の本格回復は6、7月以降と見込まれる一方、原油高や復興需要の資材輸入などで、貿易収支は4─6月に赤字に陥る可能性が高い。夏場以降に供給力が回復する見通しがメーンシナリオとされているが、回復が遅れれば需要が逃げ、輸出も元のトレンドに復帰できなくなることが危ぐされる。供給力の早期回復に向けた官民の取り組みが求められる。

 <輸出減少の主因は生産減、3月は2ケタ減>

 財務省が20日に公表した3月貿易統計速報によると、輸出は数量ベースで前年比3.2%減少となった。特に自動車や鉄鋼、非鉄金属、半導体電子部品(IC)などの落ち込みが目立っており、背景にサプライチェーンの寸断による生産停止がある。

 震災の影響で、3月の生産は前月に比べて10─15%の落ち込みになるとの見通しがエコノミストの間でほぼコンセンサス。当面は生産活動の停滞は避けられず、自動車は引き続き大幅な減少が見込まれる。ただ、徐々に生産が回復してきた業種もあり、「4月の生産は現段階ではおおむね前月比5%程度の減少見通し」(伊藤忠経済研究所・主任研究員の丸山義正氏)と供給ショックは次第に緩和される方向だ。

 一方、輸入では国内製品の代替輸入が増えているもよう。3月の鉄鋼や非鉄金属の輸入は数量ベースで2─3割増加。食料品も大きく伸びた。4月は復興需要のための資材調達、火力発電所の再開による燃料輸入も増加し、引き続き輸出を上回る伸びとなる可能性が大きい。

 <4─6月は貿易赤字に、一時的の見方>

 こうした輸出入動向からみて、4─6月の貿易収支は赤字に陥る可能性が高い。数量ベースでの輸出鈍化と輸入増加に加え、金額ベースの影響も大きい。国際商品市況の上昇などで原油の輸入が価格上昇で2ケタ増となったのをはじめ、金属や木材など原料輸入はどれも大幅増となっており、4月以降も一段の増加が見込まれている。このため「4月から6月にかけて、貿易収支が赤字になる可能性は十分にある」(野村証券金融経済研究所・チーフエコノミストの木内登英氏)との見方が大勢だ。

 もっとも、貿易赤字自体は一時的な現象とみられている。夏場以降はサプライチェーンの回復と大幅な電力制約に対する回避努力から、生産・輸出は震災前の水準に回復していくとの見通しが、現段階のエコノミストのメーンシナリオ。秋以降は、世界経済の需要拡大を取り込んで復興需要を支援できる経済力を取り戻せると期待されている。

  <回復の遅れは需要逃避招くおそれ>

 企業活動回復の足かせとなっているサプライチェーン問題の具体的な解消時期は、日銀の白川方明総裁をはじめ、官民ともに6、7月との見通しが増えている。

 電子部品業界では、電力制約によって稼働率が大きく落ち、夏場に再びサプライチェーンに波及する可能性が指摘されているが、電力制約面ではやや緩和される動きが出ている。東京電力9501.Tが火力発電所の増強や揚水発電の追加などで電力供給を5200万キロワットに上積みしたことや、夜間・休日生産などの企業努力もあり、大口需要家に対する前年比25%の電力削減目標が引き下げられる可能性があるためだ。

 こうした努力で供給力を早期に回復できなければ、海外への代替調達が固定化したり、活動拠点を移転する動きも加速しかねない。震災後1カ月をめどに実施したロイター調査では、すでに20%の企業が国内外への拠点の移転を実施・検討していると回答している。「東京電力・福島第1原発の放射能漏れ事故に伴い日本製品・日本産品に対する信頼感が失われた感は否めない」(農林中金総合研究所・主任研究員の南武志氏)のも事実で、「順調に輸出が回復するには、それなりの努力が必要」(同)だ。  

(ロイターニュース 中川泉;編集 伊藤純夫) 

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up