for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

任天堂がWii後継機を来年発売、12年3月期営業益は1750億円に

 4月25日、任天堂は12年3月期の営業利益が前期比2.3%増の1750億円になるとの見通しを発表、Wiiの後継機は2012年に発売することを明らかに。写真は都内の家電店で撮影(2011年 ロイター/Yuriko Nakao)

 [大阪/東京 25日 ロイター] 任天堂7974.OSは25日、2012年3月期の連結営業利益が前期比2.3%増の1750億円になるとの見通しを発表した。今年2―3月にかけて日米欧で発売した裸眼3Dの「ニンテンドー3DS」の販売を拡大する。

 トムソン・ロイター・エスティメーツによると、東日本大震災発生後に予想を修正した主要アナリスト8人の予測平均値は2158億円で、会社側予想はこれを下回った。

 12年3月期の前提為替レートは1ドル83円、1ユーロ120円とした。3月末の為替レートは、1ドル83.15円、ユーロ117.57円だった。

 裸眼3Dの携帯ゲーム「ニンテンドー3DS」は12年3月期に1600万台の販売を計画。3DSは11年3月期では、2月26日発売以降、361万台を販売したが、実質初年度の今期に大きく販売を伸ばす。一方で、従来の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」の販売計画は1100万台で、11年3月期の1752万台から大きく減少する。

 12年3月期の据置型ゲーム機「Wii」の販売計画は1300万台(11年3月期は1508万台)にとどまった。前年を下回る低い販売計画だが、同日、大阪市内で記者会見した岩田聡社長は、Wiiの後継機を2012年に発売することを明らかにした。詳細は6月にロサンゼルスで開催する米ゲームショウで公表するという。

 11年3月期の営業利益は前期比52.0%減の1710億円になった。トムソン・ロイター・エスティメーツによる主要アナリスト4人の予測平均値1970億円を下回った。11年3月期には円高が急速に進んだことから、3月末に為替差損494億円を営業外に計上し、当期利益は同66.1%減の776億円だった。

 (ロイターニュース 村井 令二 イザベル・レイノルズ 編集:吉瀬邦彦)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up