for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウィリアム英王子とケイトさんが挙式、招待客2000人の前で愛を誓う

 4月29日、ウィリアム英王子とケイト・ミドルトンさんが、ロンドンのウェストミンスター寺院で結婚式を挙げた。代表撮影(2011年 ロイター)

 [ロンドン 29日 ロイター] 英王位継承順位2位のウィリアム王子(28)と一般家庭出身のケイト・ミドルトンさん(29)が29日、ロンドンのウェストミンスター寺院で結婚式を挙げた。世界中が注目するロイヤルウェディングには報道関係者8000人近くが詰めかけ、パレードが行われる沿道は数十万人の見物人が埋めつくした。

 ウィリアム王子は、近衛歩兵連隊アイリッシュ・ガーズ(Irish Guards)の赤色の制服を着用。ケイトさんは左手に王子から贈られたダイアナ元妃の形見であるダイヤとサファイアの婚約指輪をはめ、終始リラックスした様子で晴れやかな笑顔を見せていた。注目されたウェディングドレスは、高級ブランド「アレキサンダー・マックイーン」のデザイナーがデザインした伝統的な純白のドレスだった。

 式にはサッカーの元イングランド代表主将のベッカム選手夫妻や人気歌手エルトン・ジョンさん、海外王室や政治家、友人など約2000人が出席。観光当局は、ロイヤルウェディングで観光客が60万人増加することによる経済効果は5000万ポンド以上と試算している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up