for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

4月米小売売上高は9カ月ぶりの小幅な伸び、増加は10カ月連続

 [ワシントン 12日 ロイター] 米商務省が発表した4月の小売売上高は前月比0.5%増となった。ガソリンスタンドおよび食品・飲料の売り上げの伸びに支えられ、10カ月連続で増加したものの、9カ月ぶりの小幅な伸びにとどまった。

 5月12日、4月の米小売売上高は10カ月連続で増加したものの、9カ月ぶりの小幅な伸びにとどまった。写真は昨年12月ニューヨークのメーシーズで撮影(2011年 ロイター/Mike Segar)

 ロイターがまとめたエコノミスト予想の0.6%増も下回った。

 前月は0.9%増に上方修正された。4月は前年比で7.6%増加した。

 ウェルズファーゴ・セキュリティーズのシニアエコノミスト、ユージニオ・エールマン氏は「小売売上高の増加は概ねガソリン価格の上昇によるものだ。統計は全般的に良好といえるが、経済や消費者は依然問題に直面している」と述べた。

 内訳ではガソリンスタンドが2.7%増。前月は4.1%増だった。米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)によると、ガソリン価格は4月、前月から6.6%上昇した。

 ガソリンを除く小売売上高は0.2%増。前月は0.5%増加していた。

 食品・飲料は1.2%増と、前月の0.2%増から伸びが加速した。

 自動車を除く小売売上高は0.6%増と、市場予想と一致した。前月は1.2%増。

 自動車・部品は0.2%増と、前月の0.7%減からプラスに転じた。

 自動車・ガソリン・建設資材を除くコア売上高はは0.2%増。前月は0.6%増だった。 

 一方、スポーツ用品・趣味関連は1.9%減と、2009年11月以来の大幅な減少となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up