for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スペイン警察にサイバー攻撃、「アノニマス」関与か=報道

 6月12日、スペイン国立警察のウェブサイトが世界的なネット集団「アノニマス」によるとみられる報復攻撃を受けて1時間以上アクセスできなくなったと、スペイン紙が報じた。写真はアノニマスグループのマスクを付けてマドリードでデモを行う人たち(2011年 ロイター/Susana Vera)

 [マドリード 12日 ロイター] スペイン国立警察のウェブサイトが11日夜、世界的なネット集団「アノニマス」によるとみられる報復攻撃を受けて1時間以上アクセスできなくなったことが分かった。ムンド紙が12日、ウェブサイトで報じた。

 スペイン警察当局は10日、ソニーや政府、銀行などにサイバー攻撃を加えた疑いで、アノニマスのメンバー3人を逮捕していた。ただ、これらの攻撃は、ソニーのプレイステーションネットワーク(PSN)などのシステムから多数の個人情報が流出した攻撃より規模は小さい。

 同紙によると、アノニマスは警察に対し、11日にウェブサイトを遮断させると警告していた。同サイトは、同日午後10時半から少なくとも1時間ダウンしたという。

 これに対し、警察当局はウェブサイトが12日午前2時に遮断されたと発表。ただ、アノニマスの関与も含め、原因はまだ明らかになっていないと語った。

 またアノニマスは、その後ムンド紙に掲載された声明で、逮捕された3人が警察当局の発表とは異なり、グループの主要メンバーではないと主張した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up