for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

韓国軍が民間旅客機に警告射撃、北朝鮮の戦闘機と誤認

 [ソウル 18日 ロイター] 北朝鮮との国境付近に展開する韓国軍が、北朝鮮の戦闘機と間違えて民間旅客機に向けて警告射撃していたことが分かった。韓国メディアが18日報じた。

 聯合ニュースが軍当局者の話として伝えたところでは、仁川沖を警備する韓国の海兵隊員2人が17日未明、K2ライフルで10分間ほど航空機に向けて警告射撃を行った。機体はその後、実際には着陸しようとしていた中国発のアシアナ航空機であることが判明した。 

 複数の現地メディアによると、アシアナ航空機には乗客119人が搭乗。ライフルの射程距離から500─600メートル上空を飛行していたため、機体に被害はなかったという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up