for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ノキア、「Windows Phone」採用のスマートフォンを年内発表

 6月21日、ノキアのステファン・エロップCEOは、マイクロソフトの携帯端末用基本ソフト(OS)「Windows Phone」を採用したスマートフォンを年内に発表することを明らかにした。コロンボで5月撮影(2011年 ロイター/Dinuka Liyanawatte)

 [シンガポール 21日 ロイター] フィンランドの携帯電機大手ノキアNOK1V.HEのステファン・エロップ最高経営責任者(CEO)は21日、マイクロソフトMSFT.Oの携帯端末用基本ソフト(OS)「Windows Phone」を採用したスマートフォンを年内に発表し、来年から出荷し始めると明らかにした。

 同CEOは「スマートフォンで最初の戦略は『Windows Phone』に注力することだ」と述べ「『Windows Phone』プラットフォームを採用した最初の端末を年内に発表し2012年に出荷し始める」と語った。

 ただ、市場シェア奪回に向けた戦略は明らかにしなかった。

 ノキアはスマートフォン市場で米アップルAAPL.Oの「iPhone」やグーグルGOOG.Oのプラットフォーム「Android」搭載の端末にシェアを奪われている。さらに、中国のZTE0763.HKやインドのマイクロマックスなどアジアの携帯端末メーカーからもシェアを奪われつつある。

 野村証券は今月、第2・四半期のスマートフォン販売について、韓国のサムスン電子005930.KSがノキアを抜き1位になるとの見通しを示した。さらに、第3・四半期には、アップルが2位に浮上し、ノキアは3位に後退する見通しという。 

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up