for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

世界の銀行トップ10に中国系3行、首位はバンカメ=英誌調査

 6月30日、英金融専門誌「ザ・バンカー」が発表した世界の銀行ランキングで、トップ10圏内に中国から3行が入った。写真は、2年連続首位となった米バンク・オブ・アメリカのロサンゼルスにある支店。昨年10月撮影(2011年 ロイター/Fred Prouser)

 [ロンドン 30日 ロイター] 英金融専門誌「ザ・バンカー」が30日発表した世界の銀行ランキングで、トップ10圏内に中国から3行が入った。同誌では銀行の融資能力やショック耐性をはかる指標として中核的自己資本(Tier1)を採用し、上位1000行をランキング形式で発表した。

 中国工商銀行(ICBC)601398.SSが6位(前年は7位)、中国建設銀行(CCB)601939.SSが8位(前年は15位)、中国銀行601988.SSが9位(前年は14位)に入ったほか、中国農業銀行601288.SSは14位(前年は28位)にランクインした。

 首位は2年連続で米バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)BAC.N、2位は米JPモルガンJPM.N、3位は英HSBCHSBA.L、4位が米シティグループC.Nだった。

 昨年の利益額でみると、ICBCが325億ドルで首位、CCBが264億ドルで2位と中国系がトップ2を独占した。JPモルガンが249億ドルで3位だった。

 同誌によると、中国系銀行の利益は過去3年間で95%急増し、今では世界の銀行利益の20%以上を占めると推定している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up