for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英暴動で軍に支援要請も、首相「警察の初動対応は不適切」

 8月11日、キャメロン英首相は、ロンドンから地方に飛び火した暴動について、再発した場合は軍にも支援を要請する可能性があると述べた。ロンドンで撮影(2011年 ロイター/Suzanne Plunkett)

 [ロンドン 11日 ロイター] キャメロン英首相は11日、ロンドンから地方に飛び火した暴動について、再発した場合は軍にも支援を要請する可能性があると述べ、事態収束に向けた強い姿勢をあらためて示した。

 暴動をめぐり緊急招集された議会で、キャメロン首相は「これは純然たる犯罪だ。暴動を起こす言い訳など全くない」と指摘し、略奪や放火などを行う暴徒を厳しく非難。

 さらに「法と秩序の回復と地域再建のため、あらゆる措置を取る」とし、通常の約3倍に当たる1万6000人の警官を週末にかけてロンドンに配置させるほか、事態がさらに悪化すれば、軍への支援要請も検討する考えも示した。

 また、警察の初動対応については、「動員された警官があまりにも少な過ぎ、戦略が機能していなかった」と不適切だったとの認識を示したが、野党・労働党らが批判を強める警察予算の削減方針については変更しないとした。

 今回の暴動では英国全土での逮捕者は1200人以上に上っている。中部バーミンガムでは、自警活動を行っていたイスラム系の男性3人が暴徒の車にはねられ死亡した事件に関与した容疑で、16歳と17歳を含む3人の容疑者が逮捕された。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up