for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米バンカメ、3万人削減と年50億ドル圧縮へ

 9月12日、米バンカメは、今後数年間で3万人の人員削減を実施し、年間50億ドルの経費圧縮を図る方針を明らかに。写真はアリゾナ州の店舗。1月撮影(2011年 ロイター/Joshua Lott)

 [12日 ロイター] 米バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)BAC.Nは、今後数年間で3万人の人員削減を実施し、年間50億ドルの経費圧縮を図る方針を明らかにした。

 一方、市場では規模に対する失望感から売りが優勢となり、同社株は午後の取引で1.8%安となった。

 モイニハン最高経営責任者(CEO)は、当面、個人向け銀行部門でのコスト削減に注力するとともに、データセンターの統合などを通じて目標を達成する意向を示した。

 人員削減の多くは自然減や現在行っている採用募集の取り消しで処理するとした。

 前週には、同行が最大4万人の人員削減に踏み切る可能性があると報じられ、投資家の間で大胆な経営計画が打ち出されるとの期待が高まっていた。

 アルビオン・フィナンシャル・グループ(ソルトレークシティ)の株式アナリスト、ジェイソン・ウェア氏は、CEOの発言について「迫力に欠けた」とした上で「同行が直面するもっと大きな問題に取り組む必要がある」と述べた。

 今回の方針は新コスト削減計画の一環。50億ドルの費用圧縮に加え、売上高経費率を第1・四半期時点の約57%から55%に引き下げることを目指す。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up