for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

TPP交渉、国益を損ねてまで参加することはない=野田首相

 11月15日、野田首相はTPP交渉について、「国益を損ねてまで参加することはない」と語った。11日撮影(2011年 ロイター/Toru Hanai)

 [東京 15日 ロイター] 野田佳彦首相は15日午前の参議院予算委員会で、環太平洋連携協定(TPP)の参加に向けた協議に入るとアジア太平洋経済協力会議(APEC)で表明したことに関連し「国益に沿って判断する。国益を損ねてまで参加することはない」と語った。

 山本一太委員(自民党)の質問に答えた。

 野田首相は「交渉に向けた協議に入る以上は、自由貿易が推進されることはいいことなので、いろいろな議論を行い、実現するものは実現していくというプロセスを全力で行うということだが、あくまで国益の視点にたって結論を得るので、予断はできないということだ」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up