for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米FRB、FF金利の誘導目標を0.50%ポイント引き下げ

 9月18日、FRBはFOMCで、FF金利の誘導目標水準を0.50%ポイント引き下げ、4.75%とした。写真はFRBのバーナンキ議長(2007年 ロイター/Jason Reed)

 [ワシントン 18日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標水準を0.50%ポイント引き下げ、4.75%とした。 

 住宅市場の低迷や金融市場の混乱による経済への影響を軽減することが目的。

 4.75%は前年5月以来の低水準。利下げは2003年6月以降初めて。また、0.50%ポイントの金利引き下げは02年11月以来となる。 

 金融市場では、FRBによる利下げ実施がほぼ確実視されていたが、利下げ幅が0.25%ポイントもしくは0.50%ポイントになるかをめぐり意見が分かれていた。

 FRBは、公定歩合も0.50%ポイント引き下げ、5.25%とした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up