for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米原油先物が94ドル割れ、増産観測や米景気懸念で

 11月28日、米原油先物は、日本時間午前の取引で一段安。OPEC増産観測の高まりや弱い米経済指標に圧迫され、94ドルを割り込んだ。写真は10月17日、NYMEXでのトレーダー(2007年 ロイター/Shannon Stapleton)

  [シンガポール 28日 ロイター] 米原油先物は、日本時間28日午前の取引で一段安。石油輸出国機構(OPEC)の増産観測の高まりや弱い米経済指標に圧迫され、94ドルを割り込んだ。1月限は0206GMT(日本時間午前11時06分)までに前日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)終値比0.49ドル(0.5%)安の1バレル=93.93ドルをつけた。

 ある商品デリバティブのセールス責任者は「米国を中心に世界経済のリセッションが懸念されている局面では原油を買いにくい」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up