for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トヨタ、クラウンなど21万5020台をリコール

 11月28日、トヨタ自動車は、エンジンの燃料パイプに不具合があるとして、「クラウン」など5車種・21万5020台のリコールを国土交通省に届け出た。写真は5月、都内で撮影した同社のロゴ(2007年 ロイター/Yuriko Nakao)

 [東京 28日 ロイター] トヨタ自動車7203.Tは28日、エンジンの燃料パイプに不具合があるとして、「クラウン」など5車種・21万5020台のリコールを国土交通省に届け出た。燃料パイプの曲げ位置が不適切なために溶接部に亀裂が発生し、燃料が漏れるおそれがあるという。この不具合による事故は報告されていない。

 対象となるのは2003年12月15日―05年12月16日に生産されたトヨタの「クラウン」と「マークX」、レクサスの「GS350」と「IS250」、「IS350」。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up