for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

11月完全失業率は3.8%、改善弱まっていると判断=総務省

 12月28日、総務省が発表した労働力調査によると、11月の完全失業率(季節調整値)は3.8%となり、前月比で低下した。写真は東京・丸の内で。7月撮影(2007年 ロイター/Yuriko Nakao)

 [東京 28日 ロイター] 総務省が28日午前8時30分に発表した労働力調査によると、11月の完全失業率(季節調整値)は3.8%となり、前月比で低下した。ロイターが事前にまとめた民間予測調査では4.0%と予想されていた。

 11月の失業率は、8月の3.8%以来の低水準となった。

 同省は、今年7月まで順調に失業率の低下が続いたものの、それ以後は3.8%─4.0%の間で推移していることから「改善がやや弱まっている。今後どちらに動くか注意したい」としている。

 就業者数は前年比プラス23万人と、3カ月ぶりに増加した。失業者数は同マイナス13万人で、24カ月連続の減少となった。  

 (ロイター日本語ニュース 児玉成夫記者)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up