for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米経済、年央に景気後退入りの見通し=ゴールドマン

 1月9日、米ゴールドマン・サックスは、米経済が08年に景気後退入りし、FRBは政策金利を第3・四半期までに2.5%まで引き下げるとの見通しを示した。写真は米NY証券取引所前で撮影(2008年 ロイター/Lucas Jackson)

 [ニューヨーク 9日 ロイター] 米ゴールドマン・サックスは9日、米経済が2008年に景気後退入りし、連邦準備理事会(FRB)は政策金利を第3・四半期までに2.5%まで引き下げるとの見通しを示した。

 ゴールドマンは顧客向けリポートで、米国内総生産(GDP)が第2・四半期と第3・四半期にそれぞれ年率1%縮小し、GDPの伸びは08年全体で年率0.8%にとどまると予想。

 一方、失業率は09年に、現在の5%から6.5%へ上昇するとしている。

 さらに、FRBが景気を下支えするために、合計1.75ベーシスポイント(bp)の追加利下げを行うとの見通しを示した。

 ファンドマネジャーに対しては、ヘルスケア、日用品、エネルギー、公益株をオーバーウエートとするよう推奨した。同社は金融、鉱業、素材、情報技術などを大幅にアンダーウエートとしている。

 推奨のウエートについては、金融を300ベーシスポイント(bp)引き下げ14%に、情報技術を400bp引き下げ15%に、ヘルスケアを300bp引き上げ17%としたことが最も大きな変更点となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up