for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BSE危険部位が店頭に出る可能性は全くない=吉野家

 4月24日、吉野家ホールディングスはBSE危険部位が店頭に出る可能性は全くないとのコメントを発表。写真は2006年9月、都内の吉野家で撮影(2008年 ロイター/Michael Caronna)

 [東京 24日 ロイター] 吉野家ホールディングス9861.Tは24日、米国産輸入牛肉にBSE(牛海綿状脳症)に関係するとされる「特定危険部位」が混入していた問題について、品質管理や安全検査を徹底しており、危険部位が店頭に出る可能性は全くないとのコメントを発表した。

 農林水産省と厚生労働省は23日、伊藤忠商事8001.Tが米ナショナルビーフ社カリフォルニア工場から2007年8月に輸入し食肉加工業者に転売した米国産牛肉700箱のなかに、米国農務省発行の衛生証明書に記載のない牛肉(ショートロイン、骨付き)が1箱含まれていたと発表した。吉野家の工場で21日に見つかったという。

 吉野家では冷凍牛肉を開封して解凍を行う際に牛肉ブロックのひとつひとつについて目視検査しているほか、余分な脂身やスジを除去する工程でも重ねてチェックしているという。さらに牛肉をスライスする工程では骨付き牛肉を加工する設備を使用していないことから、骨付き部位が混入した場合は処理不能になるため、すぐに発見できるとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up