for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

世銀、2つの気候投資基金の設立を承認

 7月1日、世界銀行、途上国の二酸化炭素排出削減のためのクリーン・エネルギー技術への移行や、気候変動への適応を支援する「クリーン・テクノロジー基金」と「戦略気候基金」の2つの気候投資基金の設立を承認。写真は4月1日、タイの干上がった田んぼと牛(2008年 ロイター/Sukree Sukplang)

 [ワシントン 1日 ロイター] 世界銀行は1日、途上国の二酸化炭素(CO2)排出削減のためのクリーン・エネルギー技術への移行や、気候変動への適応を支援する「クリーン・テクノロジー基金」と「戦略気候基金」の2つの気候投資基金の設立を承認した。

 来週開幕する主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)でも、気候変動問題が重要議題のひとつ。

 世銀環境局のディレクター、ウォーレン・エバンズ氏は記者団に対し「G8(主要8カ国)もこの気候投資基金の設立を幅広く支持するだろう」と述べた。

 同氏は「クリーン・テクノロジー基金」には当初、G8から40億─50億ドルの拠出を見込んでいる、と述べた。

 英国、日本、米国の3カ国はすでに同基金への資金拠出の意向を表明しており、今回の承認を経て、より多くの国々からの拠出が見込まれている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up