for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スティール米財務次官が辞任、米銀ワコビアがCEOに迎え入れと発表

 7月9日、米財務省のロバート・スティール財務次官(写真)は、同日付で辞任すると発表した。写真は6月、ニューヨークで撮影(2008年 ロイター/Chip East)

 [ワシントン 9日 ロイター] 米財務省のロバート・スティール財務次官(国内金融担当)は9日、同日付で辞任すると発表した。

 これに先立ち、米銀ワコビアWB.Nはこの日、スティール氏を最高経営責任者(CEO)として迎え入れると発表した。ただ、同氏の辞表は、ワコビア入りには言及していない。

 米財務省によると、スティール氏の職務は、ライアン米財務次官補 (金融市場担当)が引き継ぐ。国内金融部門は、国債の発行などを担当している。

 スティール氏は、ポールソン財務長官が米投資銀行ゴールドマン・サックスGS.Nに在籍していた当時から業務上近い関係で、財務長官に就任したポールソン氏の声掛けで2006年に財務省入りした。

 ポールソン長官は、声明で「スティール氏は、わたしにとって30年以上にわたる友人であり仲間」としたうえで「いまの変化に適応しひるまない国内金融部門の能力に多大な信頼を置いている」と表明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up