for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今回はかつてのような量的緩和を採用したものではない=日銀総裁

 12月19日、白川日銀総裁は利下げについてかつてのような量的緩和を採用したものではないと言明。2日撮影(2008年 ロイター/Yuriko Nakao)

 [東京 19日 ロイター] 白川方明日銀総裁は19日、金融政策決定会合後の記者会見で、0.1%への利下げを決定したことについて、足元の経済状況の変化が非常に急激であったことから今回、景気刺激効果も狙って決定したものだと説明した。

 ただし、今回の措置はかつて取った量的緩和政策とは異なり、ベースマネーの拡張により景気刺激を狙うという考え方の政策委員はいなかったと述べた。また、0.1%という金利設定は景気刺激効果とともに市場機能の維持も考慮して決めたとしたが、この金利水準では一部で市場機能の低下が起こるかもしれないとも述べた。長期国債の買い入れ増額については、今後の増額は当面、考えていないとした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up