for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シティとバンカメ、国有化懸念で大幅安=米株式市場中盤

 2月19日、中盤の米株式市場でシティとバンカメが国有化懸念から大幅安。写真は昨年11月、ニューヨークで(2009年 ロイター/Brendan McDermid)

 [ニューヨーク 19日 ロイター] 19日中盤の米株式市場でシティグループC.Nが約18年ぶりの安値をつけたほか、バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)BAC.Nも大幅安となった。

 損失の拡大で一部銀行が国有化されるとの観測が再浮上している。

 バンカメは7%安の4.25ドル。シティは10%安の2.62ドル。一時1991年7月以来の水準となる2.50ドルまで下落した。

 フィラデルフィアKBW銀行株指数は3.59%下落し22.58。一時17年ぶりの低水準をつけた。

 グリーンウッド・キャピタル・アソシエーツのポートフォリオマネジャー、ウォルター・トッド氏は「国有化をめぐる観測が浮上すると、シティとバンカメの名前が真っ先に挙がる」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up