for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米で豚インフルエンザ感染広がる、当局は迅速な対応

 4月26日、米で豚インフルエンザ感染広がる。写真は24日、同インフルエンザについて会見する米国疾病対策予防センター(CDC)のリチャード・ベッサー所長代行(2009年 ロイター/Tami Chappell)

 [ワシントン 26日 ロイター] 米国は26日、豚インフルエンザの感染が広がっていることを受け、公衆衛生上の緊急事態を宣言した。米国では20人の感染が確認されており、メキシコでは81人が感染により死亡したとみられている。

 米国土安全保障省は、抗インフルエンザウィルス薬の「タミフル」と「リレンザ」の備蓄を一部利用する措置を発表。感染を防ぐため、州政府に対し、学校の閉鎖やインフルエンザの疑いのある人に外出を控えさせるよう促した。

 ロバート・ギブズ大統領報道官は、豚インフルエンザの発生が、景気回復に向けた努力にどのような影響を及ぼすかに言及するのは時期尚早だとしている。

 米国疾病対策予防センター(CDC)のリチャード・ベッサー所長代行によると、国内で感染が確認された20人は全員回復しており、入院を余儀なくされたのは1人のみだった。

 同所長代行は、メキシコで死者を出しているウイルスと同種とみられるものの、なぜ米国では致命的な症状になっていないのかはまだ明らかになっていないとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up