for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECBが金利据え置き、経済見通しを下方修正

 6月4日、ECBが金利据え置き経済見通し下方修正。写真はトリシェECB総裁(2009年 ロイター/Johannes Eisele)

 [フランクフルト 4日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)は4日、主要政策金利を大方の予想通り過去最低の1.0%に据え置いた。景気判断については、従来見通しを下方修正し、2009年は一段と深刻なリセッション(景気後退)に陥り、10年半ばまでプラス成長には戻らないとの見方を示した。

 ECBスタッフによるユーロ圏16カ国の域内総生産(GDP)予想は、09年が最大で5.1%落ち込み、10年もマイナス1.0─プラス0.4%と、成長回復への道のりが厳しいことを示唆した。従来見通しでは09年は最大で3.2%の縮小を予想していた。インフレについては目標の上限としている2%を大きく下回って推移すると見込んでいる。

 トリシェECB総裁は1%の金利水準について今のところ「適切」と述べたが、ロイターテレビとのインタビューで「現在の金利がどのような環境においても到達する最低水準とは決めなかった」とも指摘し、5月と同様、追加利下げの選択肢に余地を残した。

 経済については記者会見で「第1・四半期は極めて弱かったが、年内の経済成長はマイナスの度合いがかなり縮小すると予想する。安定期を経て2010年半ばまでには四半期でプラス成長が見込まれる」と語った。また、中長期的なインフレ期待を示す指標はしっかり抑制されていると述べた 

 ドイツのメルケル首相は今週、ECBによる600億ユーロ(850億ドル)のカバードボンド買い入れ計画に関し、国際的圧力に屈した措置との考えを示した。トリシェ総裁はこの発言後、メルケル首相と電話会談し、ECBが独力で決定を下したとはっきり説明したことを明らかにした。

 さらに、カバードボンドの買い入れが米連邦準備理事会(FRB)やイングランド銀行(英中央銀行)が発表したプログラムと同等のプログラムではないとし、「われわれは量的緩和に乗り出してはいない」と述べた。

 カバードボンドについては、ユーロ圏全体で実施し、発行・流通市場の双方において格付けがダブルA以上の債券を買い入れると表明。買い入れは10年6月末までに終了すると述べた。カバードボンドの買い入れにより、長期的な借り入れコストの低下や低迷するユーロ圏経済の下支えが期待されている。

 ECBは、下限金利の中銀預金金利を0.25%に、上限の限界貸出金利を1.75%にそれぞれ据え置いた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up