for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米財務省が来週総額1040億ドルの国債入札、過去最大規模

 6月18日、米財務省は、総額1040億ドルの2・5・7年債入札を来週実施すると発表。写真は昨年9月、ワシントンにある同省外観(2009年 ロイター/Jim Bourg)

 [ワシントン 18日 ロイター] 米財務省は18日、総額1040億ドルの2・5・7年債入札を来週実施すると発表した。これは4・5月の最終週に実施した総額1010億ドルの2・5・7年債入札を上回り過去最大規模となる。

 23日に400億ドルの2年債、24日に370億ドルの5年債、25日に270億ドルの7年債入札を実施する。

 発行日はすべて30日。

 償還日は2年債が2011年6月30日、5年債が2014年6月30日、7年債が2016年6月30日。

 来週約190億ドルの債券が償還期限を迎えることから、新規調達は約850億ドルになるとみられる。

 発行総額はほぼ予想と一致したものの、市場では今年度だけで2兆ドルの国債発行が見込まれており、需給悪化懸念が広がっている。

 BNPパリバの米金利ストラテジスト、サブラット・プラカシュ氏は「米債券市場は(入札の詳細発表に対し)ややネガティブに反応した可能性がある。今後もこの傾向は続くだろう」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up