for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

5月全国コアCPIは‐1.1%、過去最大の低下幅

 6月26日、5月全国消費者物価はマイナス1.1%で過去最大の下落幅に。写真は都内のショッピングモール。昨年6月撮影(2009年 ロイター/Yuriko Nakao)

 [東京 26日 ロイター] 総務省が26日に発表した5月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く総合、コアCPI、2005年=100.0)は100.5、前年比で1.1%低下となった。

 2001年5月(前年比1.0%低下)を超す下落となり、現行統計では過去最大の低下幅となった。 

 前年割れは3カ月連続で、4月の同0.1%低下からマイナス幅は急拡大した。

 ロイターがまとめた民間調査機関の予測中央値は前年比1.2%低下だった。

 全国の総合指数は前年比1.1%低下、食料(酒類を除く)およびエネルギーを除く総合指数は前年比0.5%低下した。

 同時に発表された6月の東京都区部コアCPI(2005年=100.0)は、前年比1.3%低下の100.0となった。前年割れは2カ月連続で、5月の前年比0.7%低下からマイナス幅が拡大。2001年5月(同1.4%低下)以来の大きな低下幅となった。ロイターがまとめた民間調査機関の予測中央値は前年比1.1%低下だった。

 東京都区部の総合指数は前年比1.5%の低下。食料(酒類を除く)およびエネルギーを除く総合指数は前年比1.0%の低下だった。

 (ロイター日本語ニュース 武田晃子記者)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up