for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

尖閣諸島めぐる米大統領発言に中国が反論、領有権を改めて主張

[北京 24日 ロイター] - 日本を訪問中のオバマ米大統領が尖閣諸島(中国名:釣魚島)について日米安全保障条約の対象になると明言したことを受け、中国の秦剛報道局長は24日の定例記者会見で、領有権は中国が有すると反論した。

オバマ大統領はこの問題について、米国が新たな一線を引いてはいないと述べ、海洋紛争は平和的に解決すべきと指摘していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up