for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

製造業競争力ランキングで中国1位・米国2位、日本は5位=調査

 4月25日、米ボストン・コンサルティング・グループが公表した世界の製造業競争力ランキングでは、トップは中国、2位は米国、3位は韓国だった。日本は5位に入った。中国安徽省の自動車工場で1月撮影(2014年 ロイター)

[25日 ロイター] - 米ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)が25日に公表した世界の製造業競争力ランキングでは、主要輸出国25カ国のなかでトップは中国、2位は米国、3位は韓国だった。日本は5位に入った。

リポートは、米製造業について、天然ガス価格下落や生産性向上、賃金上昇圧力の欠如を理由に、再び「勢い」をつけていると指摘した。

逆に中国については、人件費と輸送費上昇、生産性の伸び悩みを受け、競争力トップというポジションに「圧力がかかっている」とした。

BCGの調査担当者は「米国のコストは、中国を除く世界の主要輸出国10カ国よりも10─25%低く」、東欧と同水準だと指摘した。

BCGは製造業の競争力について、賃金、生産性の伸び、エネルギーコスト、為替という4つの要因を重視し、ランキングを作成した。

上位10位は以下の通り。

1. China 2. United States 3. South Korea 4. United Kingdom 5. Japan 6. Netherlands 7. Germany 8. Italy 9. Belgium 10. France

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up