for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロイター調査:米雇用統計好調でも15年上半期の利上げ予想変わらず

 5月2日、ロイターが4月の米雇用統計発表後にプライマリーディーラーを対象に行った調査によると、米FRBが2015年上半期に利上げ開始に踏み切るとの予想に大きな変化はないことがわかった。写真は2012年8月、ワシントンのFRB(2014年 ロイター/Larry Downing)

[2日 ロイター] - ロイターが4月の米雇用統計発表後にプライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)を対象に行った調査によると、米連邦準備理事会(FRB)が2015年上半期に利上げ開始に踏み切るとの予想に大きな変化はないことがわかった。

2日に発表された4月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比28万8000人増と、2012年1月以来約2年ぶりの大幅増となった。失業率は6.3 %と、前月から0.4%ポイント低下し、2008年9月以来の水準に改善。ただ、労働参加率は62.8%と、前月から0.4%ポイント低下し前年12月以来の低水準となった。

4月30日発表の第1・四半期の米国内総生産(GDP)速報値は年率換算で前期比0.1%増。2012年第4・四半期以来の低い伸びにとどまったことで、米景気回復の力強さに対する疑念が出た直後の好調な雇用統計だった。

プライマリーディーラーへの調査では、16社中7社がFRBは2015年6月末までに利上げを開始すると予想。4月4日に実施した調査では、18社中8社が同様の予想を示していた。

ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナル(ニューヨーク)の首席米国エコノミスト、ルイス・アレクサンダー氏は、「4月29日時点から成長見通しに大きな変化は見られない」としている。

ロイター調査ではまた、14社中8社が最初の利上で金利は0.50%に引き上げられると予想。4月4日の調査では17社中10社が同様の予想を示していた。

また16社中14社が、FRBは2015年末までに保有債券の償還資金の再投資を停止するとの予想を示した。前回の調査では16社中12社がこうした予想を示していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up