for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FOMC始まる、量的緩和一段と縮小の見通し

 6月17日、米連邦準備理事会(FRB)は、金融政策運営を決定する連邦公開市場委員会(FOMC)を開始した。昨年7月撮影(2014年 ロイター/Jonathan Ernst)

[17日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は17日、金融政策運営を決定する連邦公開市場委員会(FOMC)を開始した。18日までの2日間の日程で、18日米東部時間午後2時(日本時間19日午前3時)に声明や経済見通しを発表し、イエレン議長が記者会見を行う。

今回のFOMCでは、資産買い入れ額の一段の縮小を決定すると予想されているが、それ以外は大きな政策変更はないとみられている。

今会合からフィッシャーFRB副議長とブレイナード理事が新たに参加。クリーブランド連銀のメスター新総裁もピアナルト前総裁の後任として参加する。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up