for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米成長率見通し下方修正、第1四半期の弱さが主因=FRB議長

[18日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は18日、米連邦公開市場委員会(FOMC)声明の発表後、会見を行った。主な発言は以下の通り。

 6月18日、米FRBのイエレン議長は、FOMC声明の発表後、会見を行った。ワシントンで同日撮影(2014年 ロイター/Jonathan Ernst)

━2014年米成長率見通しの下方修正、第1四半期の弱さが主因

━FRBの債券保有、市場金利への下押し圧力維持

━緩和縮小継続、目標への進ちょく継続するとの見方反映

━資産買い入れ縮小、今後の会合で慎重なペースで継続の公算

━資産買い入れ、引き続き雇用・インフレ見通しに左右

━現在の低金利維持の期間、さまざまな要因による

━潜在成長率、当面より低い可能性

━経済が上振れならより早期の利上げあり得る

━経済下振れなら緩和策をより長期間維持する可能性

━最近のCPIは高め

━インフレは予想通り推移

━インフレ率は2%に回帰と予想、最近の兆候が示唆

━インフレが長期間目標を上回るまたは下回る状況望まず

━インフレ指標、特別要因除き引き続き予想通り推移と想定

━FOMCメンバーの構成変更に伴う、長期の正常金利見通しの低下で

━雇用の伸び、時間とともに労働市場の緩みを解消するのに十分

━失業率低下、一部は労働市場の緩み低減を反映せず

━市場の低ボラティリティがリスクテーク誘発なら懸念材料

━金利の筋道で一定の不透明性必要と市場が認識すること重要

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up