for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国、低所得者の医療充実めざし救急患者を拒否しないよう指示

 7月8日、中国は低所得者の医療充実めざし、病院に救急患者を拒否しないよう指示。写真は上海の病院で2014年5月に撮影(2014年 ロイター/Aly Song)

[北京 8日 ロイター] - 中国国家衛生計画生育委員会は8日、国内の病院に対し、救急治療を必要とする患者の受け入れを拒否しないよう指示した。政府は、医療の充実を主要政策の1つに据えている。

しかし、病院は資金不足に陥っていたり、混雑していることが多い。加えて、多くの医師や看護師は賃金が安く、不足を賄賂で補っている。このため、医療費は無料ではないが安いとされているにもかかわらず、低所得者は経済的理由で治療を受けられないケースが、地方を中心に多くみられる。

衛生計画生育委員会は声明で、病院と救急隊は、支払い能力がないとか身元確認ができないという理由で緊急治療を拒否または遅らせてはならない、と表明。違反した病院は調査の対象になるとした。さらに地方自治体に救急医療のための基金設立を指示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up