for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イエレン議長が異例の発言、小型株など割高

 7月15日、イエレン米FRB議長は、現在の株価のバリュエーションに関して、一部セクターはやや割高との認識を示した。写真は上院銀行委で同日撮影(2014年 ロイター/Kevin Lamarque)

[15日 ロイター] - イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長は15日、現在の株価のバリュエーションに関して、一部セクターはやや割高との認識を示した。上院銀行委員会での証言で述べた。

議長は、株式市場のバリュエーションは総じて長期平均に沿った水準にあるとしながらも、小型株やバイオテクノロジー、ソーシャルメディアセクターなどの株価収益率(PER)は「歴史的基準に比べ高いようだ」と述べた。

フェイスブック(FB)FB.O、リンクトインLNKD.N、イェルプYELP.Nなどが値下がりし、イェルプは一時4.3%急落した。ナスダック・バイオテック株指数.NBIは2%安。市場では「FRB議長がミクロ的視点から特定業界にコメントするのはかなり異例」(DAダビッドソンのフレッド・ディクソン首席市場ストラテジスト)との声が聞かれた。

昨年の株式市場ではソーシャルメディア株やバイオテク銘柄が人気を集め、フェイスブックやリンクトインが組み入れられている、グローバルX・ソーシャルメディアETFSOCL.P(上場投資信託)は64%値上がりした。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up