for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

墜落のマレーシア機、独アリアンツが主要保険会社=報道

 7月18日、米通信社ブルームバーグは、17日にウクライナ東部で墜落したマレーシア航空機について、独保険大手アリアンツSEが機体と賠償責任をカバーする主要な再保険会社になっていると伝えた。5月にミュンヘンで撮影(2014年 ロイター/Michael Dalder)

[18日 ロイター] - 米通信社ブルームバーグは、17日にウクライナ東部で墜落したマレーシア航空機について、独保険大手アリアンツSEALVG.DEが機体と賠償責任をカバーする主要な再保険会社になっていると伝えた。

また、保険ブローカーはウィリス・グループ・ホールディングスWSH.Nだと報じた。

ブルームバーグによると、アリアンツの広報担当者は電子メールの中で「マレーシア航空MASM.KLの機体と賠償責任をカバーする主要な再保険会社として、できるだけ完全かつ早急に顧客を支援するためにアリアンツ・グローバル・コーポレート&スペシャルティーが準備している」と説明。「確認作業が進められている中であり、今回の悲劇的な出来事については、影響を受けた方々全員に心からのお悔やみを述べる以外、コメントするのはあまりに時期尚早だ」とした。

ロンドンに拠点を置く保険ブローカー、エーオンPlcAON.Nは墜落した機体の価値を約9730万ドルと評価。また、アトリウム・アンダーライティング・グループが戦争に関する補償をメーンでカバーしており、被害がテロと関連していれば保険金を支払う可能性があるという。

ロイターはアリアンツ、ウィリス、エーオンにコメントを求めたが、今のところ回答を得られていない。

アリアンツとウィリスをめぐっては、3月に消息を絶ったマレーシア航空MH370便についても主要な保険会社、ブローカーとなっていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up