for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国がスイスと通貨スワップ協定、「金融安定維持に役立つ」

 7月21日、中国人民銀は、二国間通貨スワップ協定をスイス国立銀行と結んだことを明らかにした。写真は人民元紙幣。北京で2013年11月撮影(2014年 ロイター/Jason Lee)

[北京 21日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は21日、1500億元(241億7000万ドル)相当の二国間通貨スワップ協定をスイス国立銀行(中央銀行)と結んだことを明らかにした。

人民銀行はウェブサイト( www.pbc.cn )で、期間3年のスワップ協定が「二国間の経済・貿易交流を流動面で支援し、金融状況の安定維持に役立つ」と指摘。

また、協定はスイス国内の人民元市場のさらなる発展に向けて流動性をもたらすとし、必要に応じて延長されるとしている。

スイス国立銀行は、人民銀から承認を受けた投資枠により、中国の銀行間債券市場へ最大150億元を投資することが可能。同行は声明で「これにより外貨準備高の通貨分散をさらに進めることができる」とした。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up