for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インドネシア大統領選、ジョコ氏が当選=選管

 7月22日、インドネシア大統領選で、選管関係者はジョコ・ウィドド氏が当選したと明らかにした。写真は支持者への演説で笑みを浮かべるウィドド氏。バンテンで16日撮影(2014年 ロイター/Beawiharta)

[ジャカルタ 22日 ロイター] - 9日投開票のインドネシア大統領選挙で、総選挙委員会(KPU)は22日、ジャカルタ州知事のジョコ・ウィドド氏が当選したと発表した。

KPUによると、ジョコ氏の得票率は53.15%。プラボウォ・スビアント候補との得票差は約6%ポイントだった。

プラボウォ候補はKPUの結果発表前に、選挙が民主的に行われなかったと批判し、候補を取り下げた。プラボウォ氏の弁護士によると、同氏は選挙結果について憲法裁判所に異議を申し立てない。

ジョコ氏は10月20日に7代目大統領に就任する。直接選挙で選ばれた大統領としては3人目、実業界出身の大統領としては初めてとなる。

任期は5年。低迷する成長の押し上げ、経常赤字の縮小、国民の生活水準向上などが急務となる。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up