for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

期限切れ肉問題、ヤム・ブランズが中国工場から仕入れ停止

 7月23日、ヤム・ブランズは、期限切れの食肉問題で、米OSIグループの中国工場からの仕入れを取りやめたと発表した。写真はKFCのロゴマーク。北京で2013年2月撮影(2014年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[23日 ロイター] - ケンタッキーフライドチキン(KFC)を運営する米ヤム・ブランズYUM.Nは23日、保存期限切れの食肉などを供給していたとされる問題をめぐり、米食品卸売会社OSIグループの中国工場からの仕入れを取りやめたと発表した。

OSIグループの中国工場をめぐっては、中国・上海の警察当局が既に5人を拘束している。

ヤム・ブランズは声明で「OSI中国からの仕入れを直ちに停止することを決定した」とした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up