for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マクドナルド、香港でチキンナゲットなど販売中止

 7月24日、中国の上海福喜食品が使用期限切れの食肉を出荷していたとされる問題にからみ、米マクドナルドは香港でチキンナゲットなどの販売を中止したと発表(2014年 ロイター/Tyrone Siu)

[香港 25日 ロイター] - 中国の上海福喜食品が使用期限切れの食肉を出荷していたとされる問題にからみ、米ファストフード大手マクドナルドMCD.Nは24日夜、香港でチキンナゲットなどの販売を中止したと発表した。香港の食品安全センターが同日、上海福喜食品からの輸入を全面禁止したことを受けた措置。

声明によるとマクドナルドは、昨年7月から今年6月にかけて上海福喜食品から製品を輸入していたが、在庫はすでにないという。

マクドナルドは、上海福喜食品から輸入したレタス、トウモロコシ、レモンスライス、グリーンサラダ、キュウリ、タマネギ、トマトを食材として使用することを中止。これに伴い、マックスパイシー・チキンフィレ、チキンとグリーンサラダ、フレッシュコーン、アイスレモンティーの販売も中止した。

同社は「これまでマクドナルドで販売されたすべての食品は、香港当局の食品安全基準を満たしている」と説明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up