for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エボラ感染拡大阻止へリベリアが学校閉鎖、特定地域の隔離も検討

 7月30日、西アフリカでエボラ出血熱の流行が過去最悪の規模となる中、リベリア政府は学校を閉鎖する方針を発表。写真は医療スタッフ。シエラレオネのケネマで10日撮影(2014年 ロイター/Tommy Trenchard)

[ダカール 30日 ロイター] - 西アフリカでエボラ出血熱の流行が過去最悪の規模となる中、リベリア政府は30日、感染拡大阻止に向け、学校を閉鎖する方針を発表。特定地域の隔離も検討しているという。

また、基幹業務以外に従事する政府職員には、30日間の出勤停止命令が出された。同国のブラウン情報相は「公衆衛生上の緊急事態だ。多くの犠牲者が出ており、流行を食い止める策を講じる必要がある」と述べた。

さらに同相は「国際社会からの支援がこれまで以上に必要となっている」と強調。ただ、エボラ熱に対する国際的な懸念も高まっており、米平和部隊は、ボランティア340人をギニア、リベリア、シエラレオネの3カ国から撤退させることを明らかにしている。

世界保健機関(WHO)によると、エボラ熱が今年2月に流行して以降、上記3カ国では感染が確認または疑われる死者が672人に上っている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up