for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏回復まだら模様、低金利続く=ECB総裁

 8月7日、ECBのドラギ総裁は、ユーロ圏の景気回復がまだら模様との認識を示し、低金利が長期間続くと見通した。写真はフランクフルトで7日撮影(2014年 ロイター/Ralph Orlowski)

[フランクフルト 7日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は7日、ユーロ圏の景気回復がまだら模様との認識を示し、低金利が長期間続くと見通した。

総裁は理事会後の記者会見で「現在のインフレ見通しを踏まえると、ECBの主要金利は長期間、現行水準にとどまる」と述べた。

地政学的要因の高まりや新興国市場経済の動向などにより、ユーロ圏の景気見通しに関するリスクは引き続き下向きとの認識を示した。

総裁は「さらに(ECB)理事会は、低インフレが長期化するリスクにさらに対応するため、必要なら使命の範囲内で非標準的措置も活用する決意で一致した」と話した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up