for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イラクのマリキ氏が退陣拒否、新首相指名「意味ない」

 8月13日、イラクのマリキ首相(写真中央)は退陣要求を拒否した。バグダッドで13日撮影(2014年 ロイター)

[バグダッド 13日 ロイター] - イラクのマリキ首相は13日、退陣要求を拒否し、ハイダル・アバディ氏の新首相候補指名は憲法違反で、意味がないとの認識を示した。

マリキ氏はテレビ演説で「違法行為に価値はなく、結果も無効だ」と主張。「この政権は存続しており、連邦裁判所が決定を下すまで変わらない」と述べた。

マリキ氏は、議会最大勢力の指導者として新政権を発足させる最初の機会が与えられる必要がある、と連邦裁判所に不服を申し立てている。

一方、イランの最高指導者ハメネイ師は、アバディ氏の首相候補指名を支持する考えを示した。ハメネイ師はウェブサイトに掲載した声明で「(イラクの新首相指名が)新政権の発足につながり、イラク国内で扇動を企てる者への良い教訓となることを望む」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up