for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

7月貿易収支は7025億円の赤字の見通し、25カ月連続

 8月15日、ロイターが民間調査機関の予測をまとめたところ、7月貿易収支(原数値)の予想中央値は7025億円程度の赤字となる見通し。写真は1月、都内の港湾施設で撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 15日 ロイター] - ロイターが民間調査機関の予測をまとめたところ、7月貿易収支(原数値)の予想中央値は7025億円程度の赤字(前年同月は1兆0325億円の赤字)となる見通し。

輸出が3カ月ぶりにプラスに転じる一方で、輸入が2カ月ぶりにマイナスとなり、貿易赤字は前年比で大幅縮小する見込み。赤字になれば25カ月連続。

輸出の予測中央値は前年比プラス3.8%。輸出は一進一退の動きのなか、「欧米向けが堅調に推移した」(三菱総研)とみられる。

輸入の予測中央値は前年比マイナス1.7%。「消費増税に伴う反動減の影響を受けて、数量では一服感が続くものの、価格が高止まりしていることから、高水準が続く」(日本総研)、「国内の耐久財消費や鉱工業生産の回復が遅れ気味であることも、輸入を抑制する要因」(みずほ総研)などの声があった。  

既に公表されている7月上中旬の貿易収支は5236億円の赤字だった。前年同期は8263億円の赤字。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up