for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

パイオニアがDJ機器事業も売却へ、600億円規模=関係者

 9月3日、パイオニアはDJ機器事業を売却する方向で最終調整に入った。写真はパイオニアのロゴマーク。2009年3月撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 3日 ロイター] - パイオニア 6773.Tは、クラブミュージックやライブなどで使われるディスクジョッキー(DJ)機器事業を売却する方向で最終調整に入った。売却額は600億円規模になる見込み。

複数の関係者がロイターに明らかにした。

苦戦する音響・映像(AV)機器子会社はすでに売却を決定しているが、これに加え、DJ機器事業も手放すことで、カーナビゲーションなど自動車用機器事業への経営シフトを加速する。

関係者によると、パイオニアは、バンクオブアメリカ・メリルリンチをアドバイザーに採用し、売却手続きに入った。買い手として、複数の外資系投資ファンドが最終候補に残っている。

パイオニアのDJ機器事業は、ダンスやライブでプロのDJに使われるレコードプレーヤーやミキサー、コントローラーを扱う。売り上げ規模は200―300億円で、DJ機器として世界トップシェア。

オーディオコンポやブルーレイディスクなどAV機器事業が赤字で苦戦しているのに対し、世界的にブランドが強く、プロや愛好家に根強い支持のあるパイオニアのDJ機器は優良事業。だが、ポートフォリオ見直しとして、AV機器に続いてDJ機器も事業売却を判断した。

パイオニアは今年6月、AV機器子会社の株式の大半を香港の投資ファンドとオンキヨー 6628.Tに売却することで基本合意。8月中の最終合意を目指していたが、遅れている。

パイオニアは「コメントできることはない」とした。

*写真説明を一部修正して再送します。

佐藤和香子 取材協力:村井令二

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up