for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米アマゾンがキンドルの新モデル発表、製品ラインを拡充

 9月17日、米アマゾン・ドット・コムは、新製品「Kindle Voyage」など6製品を発表し、キンドルの製品ラインを拡充させた。ニューヨークで撮影(2014年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コムAMZN.Oは17日、新製品「Kindle Voyage」など6製品を発表し、キンドルの製品ラインを拡充させた。

ハイエンドモデルの電子書籍リーダー「Kindle Voyage」の価格は199ドル。

同時に発表したベーシックモデルの「キンドル」には、タッチスクリーンを搭載。価格は、既存モデルよりも約15%高い79ドルに設定した。

6インチ画面のキンドルファイアHDも発表。価格は99ドル。子ども向けの端末(最低価格は149ドル)や7インチと8.9インチの端末ファイアの最新版も発表した。全て10月に出荷を開始する。

アマゾンは今年に入ってからだけでも、セットトップボックスやスマートフォン(多機能携帯電話)「Fire Phone」、食料雑貨などの買い物に利用する端末を既に発表している。

同社は、端末の販売価格を抑え、その端末を使いユーザーが購入するコンテンツや商品で利益を挙げる戦略をとっている。

アマゾン幹部によると「Kindle Voyage」はこれまでの端末のなかで最も薄い。電子書籍の利用が多いユーザーの購入を期待しているという。

また、ベーシックモデルは、中国や日本、ドイツのように電子書籍が普及しつつある国で、初めて電子書籍リーダーの購入を考えている顧客がターゲットになるという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up