for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンクが通期営業益予想を下方修正、孫社長は前向きと強調

[東京 4日 ロイター] - ソフトバンク9984.Tは4日、2015年3月期の連結営業利益予想を1兆円から9000億円に引き下げた。傘下の米携帯電話大手スプリントS.Nの業績見通しを下方修正したことを織り込んだ。

 11月4日、ソフトバンクが発表した2014年4─9月期連結決算(国際会計基準)は、本業のもうけを示す営業利益が前年比19%減の5967億円に落ち込んだ。7月撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai)

ただ、孫正義社長はあくまで前向きな修正であることを強調、中長期的な経営の改善に自信を見せた。

スプリントが3日発表した7─9月期決算は、営業損益が1億9200万ドルの赤字(1株当たり0.19ドルの赤字)だった。赤字額は前年同期の3億9800万ドル(0.24ドル)からは縮小したが、ロイター・エスティメーツがまとめたアナリストの赤字予想(0.06ドル)よりも悪かった。

孫社長はスプリントについて「目先の利益よりも長期的利益を優先する経営スタイルに変えている」と説明。「中長期的に収益を上げるために、むしろ顧客獲得コストを使い、(料金支払いが見込める)プライムカスタマーを増やしている。このため1000億円ほど見込みよりも減らすことにした」とあくまで前向きな修正であることを強調した。

スプリントは経営を立て直すため、今後2000人削減する方針を打ち出している。

<スプリントは改善の兆しも>

4─9月期の連結営業利益は、前年比19%減の5967億円に落ち込んだ。前年同期にガンホー・オンライン・エンターテイメント3765.Tとウィルコム(現ワイモバイル)子会社化による一時益2490億円を計上した反動が出た。ただ、一時益を除いた実質ベースでは22%増益となった。

売上高は前年比1.58倍の4兆1044億円に拡大。米スプリントや米ブライトスターなどが連結対象に加わったことが貢献した。通期売上高予想8兆円は据え置いた。

孫社長は「スプリント以外の事業部門は読み通りだ」と強調。スプリントについても「長くて苦しい戦いだとは認識している。決して短期に急激に良くなるものではない」としながらも、「すでにEBITDA(利払前、税引前、償却前利益)が反転し始めており、顧客獲得も連続マイナスだったのがプラスに好転し始めている。改善の兆しは見えており、そんなに悲観するような内容ではない」との認識を示した。

<ニケシュ氏とは毎日電話>

ソフトバンクはこのところ海外投資を加速させている。その中心にいるのが9月に米国に設立した戦略子会社ソフトバンク・インターネット・アンド・メディア(SIMI)だ。

米グーグルGOOGL.Oから最高経営責任者(CEO)として迎え入れたニケシュ・アローラ氏は米映画会社レジェンダリー・エンターテインメントへの出資を手掛けたのを皮切りに、韓国ドラマ配信のドラマフィーバーを買収やインドネシアの電子商取引(EC)大手PTトコペディアへの出資、さらにインドのEC大手スナップディールとタクシー配車プラットフォーム事業者オラへの投資を矢継ぎ早に決めるなど、すでにグループの投資戦略で欠かせない存在となっている。

孫社長はニケシュ氏について「ほとんど毎日電話でやりとりしている。非常に重要な経営のパートナーだ」と語った。

アジアへの投資が目立つことに関しては「アジアはこれから大きなインターネット革命の波が、とくにモバイルインターネットを通じてやってくる」との見方を示した上で「アジアを中心にインターネットのグループ会社をもっと増やしていくことは重要な戦略だ」と語った。

その際は「5%や10%を持つような株主ではなくて、30%や40%というような形で筆頭株主になって経営に影響を与えられるレベルの戦略的パートナーとしてやっていきたい」という。

孫社長はスナップディールについて「アリババBABA.Nのスタート時よりも速いペースで伸びている。スナップディールはインドにおけるアリババに相当する会社になる潜在能力を持っている」と期待感を示した。

<円安はプラス効果大きい>

日銀が追加の金融緩和に踏み切ったことで、足元では円安が加速している。孫社長は円安の影響について「ソフトバンクの保有資産の時価総額に占める比率の大半は海外でのアセットだ。その意味では円安は円に直した株式価値としてはよりプラス効果が大きくなる」と説明。1ドル82円当時に米スプリントを買収したことなどを引き合いに出し、「実質的な為替の含み益は数千億円規模は出ている」と語った。

こうした状況を踏まえた今後の財務戦略については「十分な資金が積みあがっており、アリババ、ヤフー4689.Tなどグループ会社の上場済みの株式もいっぱい持っている」とした上で「資金調達のフレキシビリティはいろいろな形で持っており、そこは常に余裕を持った形で行っていきたい。ソフトバンクのエクイティファイナンスはまったく考えていない」と強調した。

<海外キャリア投資は無理せず>

ソフトバンクは当局の反対もあって米携帯電話大手TモバイルUSTMUS.Nの買収は中断したが、その後もメキシコの富豪カルロス・スリム氏が率いる通信大手アメリカ・モビルAMXL.MXの無線事業取得観測が浮上するなど、海外携帯電話会社への投資観測がくすぶっている。

孫社長は携帯電話会社への投資可能性について「あくまでもケースバイケース。無理して追いかけるわけでもないし、まったく目を閉ざすわけでもない。あくまでもその国の会社のポジション、潜在余力等をみながらよく考えて検討したい」と説明。「携帯電話会社は投資単位が大きく、それぞれの国の規制や競争状態など大きな勝負になるので、じっくりと検討し、条件が総合的に合えば買収を決断することもあるかもしれないが、決して無理はしない」との姿勢をあらためて示した。

志田義寧 編集:宮崎大

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up