for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米マクドナルドが1月からメニュー数削減、売上高押し上げなど狙い

12月10日、米マクドナルドのアンドレス米国事業社長は、1月から国内店舗でメニュー数を減らす計画を発表。写真は9月9日、カリフォルニア州で撮影(2014年 ロイター/Mike Blake)

[10日 ロイター] - 米ファストフード大手マクドナルドのマイク・アンドレス米国事業社長は10日、サービスの迅速化と売上高押し上げに向け、1月から国内店舗でメニュー数を減らす計画を明らかにした。

メニューから8商品を削るほか、「エクストラ・バリュー・ミールズ」として提供している品数も減らす方針。

アンドレス社長は投資家との電話会議で、削減するメニューの種類については明確にせず、メニューの見直しは続いていると言明した。

マクドナルドはまた、2015年第3・四半期までに米3市場で、顧客がサンドイッチをカスタマイズできる「Create Your Taste」を打ち出し、競合他社に攻勢をかけることをも計画している。

マクドナルドの米既存店売上高は2013年10月以降、減少、もしくは横ばいの状態が続いている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up