for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株反発、スイス株は大幅下落

 1月15日、欧州株式市場は反発して取引を終えた。写真はロンドンのディーリングルームで昨年9月撮影(2015年 ロイター/Luke MacGregor)

[ロンドン 15日 ロイター] - 15日の欧州株式市場は反発して取引を終えた。

スイス国立銀行(中央銀行)が、スイスフランの対ユーロ相場の上限を廃止すると発表したことを受け、同国の主要株式指数SMI.SSMIは輸出への影響懸念などから8.67%低下し、少なくともここ25年で最も大きな下落となった。時価総額で約1050億スイスフランが吹き飛んだ。

FTSEユーロファースト300種指数.FTEU3は39.02ポイント(2.88%)高の1393.41で取引を終えた。DJユーロSTOXX50種指数.STOXX50Eは67.69(2.19%)高の3157.36だった。

スイスフランはこの日、対ユーロで約30%上昇し、同国の輸出産業の競争力が損なわれることに不安感が広がった。スイスの時計大手スウォッチ・グループUHR.VXや高級時計ブランド「カルティエ」などを傘下に持つスイスの持株会社リシュモンCFR.VX、同国のセメント大手ホルシムHOLN.VXは11%から16%の値下がりとなった。

ドイツのクセトラDAX指数.GDAXIは2.20%、フランスのCAC40指数.FCHIは2.37%の上昇だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up